計画

現実的で効果的な計画を立てることは、運営団体にも参加者にも、とても大切です。
当団体では、大学病院、クリニック、自治体などで行われてきたノウハウを基に、お客様の事情を勘案した計画のご提案を行っています。

主催者視点、参加者視点からの目標設定とPDCA

これまでのケアの仕組みを変えたいと思ったとき、

主催者としての目標は何でしょうか?

参加者としての目標は何でしょうか?

人生をカッコよく生き続けるために、またはそれをサポートしていくために、何を目標にされますか?

 

主催者が自治体であれば、持続可能なサポート体制をとるための介護保険削減かもしれません。介護施設を運営する企業であれば、ブランド価値向上による集客かもしれません、単純なコスト削減かもしれません。また参加者は、具体的な数値の改善なのかもしれません、話し仲間ができることかもしれません。

私たちは、こうしたプログラムを介して参加者間での交流がうまれることこそポイントだと考えています。参加者が、この中で「愛される、感謝される、必要とされる」思いが生まれることで、社会脳の育成から高齢化時代の町づくり・仲間づくりにつながるからです。

開催計画とスーパーバイザー

私たちは大学病院、クリニック、自治体などで培われてきたノウハウを基に、お客様のご希望・ご事情に立脚した計画を提案しています。また認知症予防トレーニングを中心に、社会的フレイルや身体的フレイル(ロコモ)までも網羅したトレーニングや座学の組み合わせを提供できることを特長としています。

提供

  • MCIリング

人生をカッコよく
MCIリング プロジェクト

所在地

一般社団法人MCIリング
東京都文京区
湯島1-5-34
お茶の水医学会館 4階

お問い合わせ

©︎ 2020 MCIリング All Rights Reserved.